お店の利益アップに必須!ペン1本からできる差別化手法とは?【音声配信第35回】

めちゃくちゃ遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

今年も、ブログを読んで頂いているあなたに、「世界を相手に楽しくビジネスするための情報」をお届けしてまいります。どうぞ、よろしくお願い致します!

 

「差別化」はカンタンにできる!

 

今回のテーマは、「物販ビジネスにおける差別化」についてです。

物販で差別化というと、大抵は、

  • 「価格」「品揃え」「サービス」の3点ぐらい。
  • 「より安く」「より豊富に」「より早く」「より丁寧に」というように、その方向性もほぼ決まっている。

というイメージがありますよね。

上記に挙げた方向性は「差別化」の王道中の王道で、僕は「クオリティの差別化」と呼んでいます。この差別化は、実現できれば強靭な個性になるので、目指さない手はありません。

ですが、今更言うまでもなく、達成にはどうしても時間がかかりますし、それだけだと、僕がこれまで挙げたような「異質な」お店を作るのは難しいです。

 

なぜなら、そこには「キャラクターの差別化」という視点が欠けているから。

 

実は、「クオリティ」と「キャラクター」の両面で差別化を目指すことで、「クオリティ」だけで差別化を目指すよりも遥かにカンタンに「この店、なんか他と違う」とお客様に思ってもらうことが出来ます(笑)

逆に言うと、「クオリティ」の差別化は、優劣がカンタンに比較できるため、これのみで差別化を図ろうとすると、結局競争になるんですよね。

 

そして、「クオリティ」の差別化と違い、「キャラクター」の差別化はペン1本からでも出来ます。こう聞くと、俄然、やってみたくなりませんか?(笑)

これを読んでいるあなたが思っているよりも、カンタンに実践できる手法をお話したので、ぜひ速攻で取り入れてください(笑)

真夜中に実家で録ったため、いつも以上にボソボソ音声になっていますが、そこは気にせず聞いて頂けるとうれしいです(汗)

 

▼ 【日々是輸出Podcast第35回】
「あなたのお店を他と差別化する、1番カンタンな方法」

この記事が良かったら「いいね」しよう!

世界を相手に楽しくプラス10万円稼ぐビジネス手法を、無料で学んでみませんか?


From 西内悠輔

英語が苦手、営業が苦手、時間なし、貯金なしの派遣社員から、1年で独立を果たした西内が、単身で4000時間以上かけて仮説と検証を繰り返して編み出た「副業でもできる、楽しみながら月10万円を稼ぐ手法」を公開しています。

本業の傍らで、世界中のお客様とやりとりしながら、モノやサービスを提供し、プラスアルファの収入と感謝の声を頂く。そんなライフスタイルに興味はありませんか?

現在も現役セラーとして複数の店舗を運営している中で実際に経験した「売れた実例」に基づく最新手法を手に入れ、世界中の人間に喜んでもらいながら、楽しく稼ぎたい方は、赤いボタンをクリックしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

輸出ビジネス構築コンサルタント。派遣社員として1日10時間以上働きながら、2015年3月本格的にAmazon輸出を開始し、同年5月には月商10000ドルを突破。発送以外の全業務を一人でこなせるまでに効率化した手法や、独自のお客様対応理論、英文作成メソッドなどを自らのクライアントに指導する毎日。現在は、現在も自らショップ運営を続けながら、その中で感じた「輸出ビジネスの面白さ」を伝えるべく活動中。