amazonを味方につければ、Negative Feedback(★1フィードバック)は怖くない!!【音声配信第30回】

この記事では、「amazonを味方につけることで、Negative Feedbackをもらう可能性を減らし、より有利にamazon輸出を行う事ができる方法」について書かれています。

 

こんにちは、エスアイエルの西内です。今日のPodcast音声のテーマは、amazonを味方につけて、Negative Feedback(★1フィードバック)を激減させる方法です。『amazonを味方につける』というのがポイントです(笑)

音声はこちらから早速お聴きになれます。

amazonだって人間です。

 

今回の手法も、例のごとく去年のホリデーシーズンの【苦い経験】が元になっています。ホリデーシーズン中はやっぱり沢山売れるんですけど、その分、いつも以上に気をつけなければ行けません。

なぜなら、ホリデーシーズンは、amazonがいつも以上にお客様寄りの立場を取るからです。

 

ショップ側からすれば理不尽なNegative Feedbackも、この時期に限ってはお客様が「満足してない」と言うだけでカンタンにまかり通ってしまいます(笑)

で、これを経験しちゃうと、大半のショップはホリデーシーズン中の販売自体を抑えるか、Negative Feedbackを消しやすいFBAに切り替えるかのどちらかを取るようになります。どちらを選んでも結果的に利益が減ってしまうんですよね。

 

そんな中、僕はこの経験に対して独自に仮説と検証を進めた結果、今ではかなりの高確率で「星1フィードバックを貰わない」ようにする手法を構築し、今に至ります。

「amazonを味方につける」と謳ってはいますが、やってることは、裏技でもなんでもありません。意識すべきことは、「お客様本位の行動」「繰り返し伝えること」「販売者だって、お客様」「amazonだって、人間」の4点です。

これを知っておくと、来年頭のショップ運営がとてもラクになります。もちろんこれは僕自身がそうだったからです(笑)なので、ぜひ作業しながらでも繰り返し聴いて、吸収してくださいね♪

 

【日々是輸出Podcast 第30回】
amazonを味方につけて、Negative Feedbackを激減させる方法

 

東京で野菜と戯れてきました!

 

今日は自給人.comの斎藤さんの畑で野菜の収穫会に参加してきました!ホリデーシーズンということで、郵便局以外に出かけることがめっきり減ってしまってたのすが、写真の通り、斎藤さんの素敵な笑顔と新鮮な野菜に囲まれて癒されてました(笑)

収穫したのは、超大型の大根と白菜、人参、春菊、キャベツと盛りだくさん。大きめのスーパーの袋2つ分ほどの野菜を頂き、帰りはフラフラになりました(笑)今日から早速暖かい野菜料理を楽しみます!

 

さて、そんな斎藤さんは、農家の方ではありません(笑)アフィリエイトで収入を得ながら、趣味で畑を借りて野菜を育てている方です。彼のアフィリエイト手法は野菜を育てるのと同じくらいとことん地道で、とにかく王道。その作業の積み重ねは、物販とは畑違いではありますが、僕にとって学ぶ事が多く、日々とても刺激を受けております。

今回の収穫回はそんな彼のメルマガで不定期に募集されてます。沢山の野菜を頂けるだけでなく、収穫会の後のカフェ会ではアフィリエイトについて直接斎藤さんと濃い話ができるイベントですので、物販ビジネス以外の可能性を追い求めるなら、彼のメルマガとブログは要チェックですよ♪

斎藤さんのブログはこちらから
自給人.COM | アフィリエイトで稼ぐ新時代の自給自足

この記事が良かったら「いいね」しよう!

世界を相手に楽しくプラス10万円稼ぐビジネス手法を、無料で学んでみませんか?


From 西内悠輔

英語が苦手、営業が苦手、時間なし、貯金なしの派遣社員から、1年で独立を果たした西内が、単身で4000時間以上かけて仮説と検証を繰り返して編み出た「副業でもできる、楽しみながら月10万円を稼ぐ手法」を公開しています。

本業の傍らで、世界中のお客様とやりとりしながら、モノやサービスを提供し、プラスアルファの収入と感謝の声を頂く。そんなライフスタイルに興味はありませんか?

現在も現役セラーとして複数の店舗を運営している中で実際に経験した「売れた実例」に基づく最新手法を手に入れ、世界中の人間に喜んでもらいながら、楽しく稼ぎたい方は、赤いボタンをクリックしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

輸出ビジネス構築コンサルタント。派遣社員として1日10時間以上働きながら、2015年3月本格的にAmazon輸出を開始し、同年5月には月商10000ドルを突破。発送以外の全業務を一人でこなせるまでに効率化した手法や、独自のお客様対応理論、英文作成メソッドなどを自らのクライアントに指導する毎日。現在は、現在も自らショップ運営を続けながら、その中で感じた「輸出ビジネスの面白さ」を伝えるべく活動中。