amazon輸出で「目先の1万円」より○○を優先して、ホリデーシーズンの後も売上を伸ばした方法。【音声配信第26回】

この記事を読めば、ホリデーシーズンの落とし穴と、ホリデーシーズン以降も売上を伸ばす方法が分かります。

いきなりですが、上の画像の商品は、仕入先から「新品」と言われて送られてきたiPod Classicです(笑)もしこれが「1万円の利益」が出る商品だとしたら、あなたはどうしますか?

 

こんにちは、エスアイエルの西内です。11月ということで、もうすぐホリデーシーズン突入です。僕の店でも、少しずつですが売上が増えてきました。

去年のこの時期は単純に売上が増えたことに対して、何にも考えずに喜んでいました。その結果、いろんな「落とし穴」にハマりました(汗)返品リクエストや商品が届かないという連絡が殺到したり、忘れた頃にクレームを入れられたり、代行業者に発送を1週間以上遅延させられたり、アニメのDVDと別のDVDを誤って配送されたりなどなど、今ではいい経験です。なぜなら、そのおかげで一気に成長できたから。

コントロールできないもの、できるもの。コミュニケーションで回避できるもの、解決できるもの。これらを体当たりで学べたのは、ホリデーシーズンでいつも以上にお客様と接する機会が増えたからだと確信しています。僕のクライアントさんや、メルマガの読者さん、そしてこれを読んで下さっているあなたにお伝えしているテクニックやノウハウの殆どは、この時期のお客様対応で磨かれたと言っても過言ではありません。

 

さて、そんなホリデーシーズンですが、「直前だからこそ、肝に銘じてほしいこと」があります。それが今週のPodcastのテーマです。今回もできたてホヤホヤの最新事例を元にお話しています。

「ホリデーシーズン特有のamazonのルール」と、「去年の僕の実体験」から導き出された、「こうするのが結局は得する」という、れっきとしたテクニックのお話です。

 

ただでさえこの時期は、ちょっとしたことが理由で、販売ページに自分のセラーが表示されなくなったり、ひどい場合はアカウントがサスペンドされたりします。ですがそれは、「お客様満足を高めるために、amazonもかなり神経質になっている」という表れです。

こうした背景を考慮した上で、お客様の「あたりまえの要望」を叶えるよう努めると、競合セラーからカンタンに頭一つ抜け出すことは容易です。実際僕のショップは、ホリデーシーズンを過ぎが今年の1月、2月も、売上は伸びました(笑)

ホリデーシーズン後は売上が激減すると言われる中、なぜそんな結果を出せたのか。そのカギが、冒頭の質問に隠されています。

13分ほどで聴ける音声となっておりますので、早速お聴きください!

 

【Podcast「日々是輸出」第26回】
「目先の1万円」より○○を優先して、ホリデーシーズンの後も売上を伸ばした方法。

この記事が良かったら「いいね」しよう!

世界を相手に楽しくプラス10万円稼ぐビジネス手法を、無料で学んでみませんか?


From 西内悠輔

英語が苦手、営業が苦手、時間なし、貯金なしの派遣社員から、1年で独立を果たした西内が、単身で4000時間以上かけて仮説と検証を繰り返して編み出た「副業でもできる、楽しみながら月10万円を稼ぐ手法」を公開しています。

本業の傍らで、世界中のお客様とやりとりしながら、モノやサービスを提供し、プラスアルファの収入と感謝の声を頂く。そんなライフスタイルに興味はありませんか?

現在も現役セラーとして複数の店舗を運営している中で実際に経験した「売れた実例」に基づく最新手法を手に入れ、世界中の人間に喜んでもらいながら、楽しく稼ぎたい方は、赤いボタンをクリックしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

輸出ビジネス構築コンサルタント。派遣社員として1日10時間以上働きながら、2015年3月本格的にAmazon輸出を開始し、同年5月には月商10000ドルを突破。発送以外の全業務を一人でこなせるまでに効率化した手法や、独自のお客様対応理論、英文作成メソッドなどを自らのクライアントに指導する毎日。現在は、現在も自らショップ運営を続けながら、その中で感じた「輸出ビジネスの面白さ」を伝えるべく活動中。