国際eパケットライトに隠された「真のメリット」とは?【音声配信第22回】

こんにちは。エスアイエルの西内です。
 
今日は、amazon輸出に限らず、海外物販で重要な要素である「配送」についてのPodcastをお届けします。具体的には、10月1日から始まった「国際eパケットライト」という新サービスについてです。

以前から存在する「国際eパケット」が、航空便+書留の料金が、オンライン申込でお得になるというサービスなのに対し、「国際eパケットライト」は、「国際eパケット」の航空便をSAL便に置き換えたもの、と説明するとわかりやすいです。

  

詳しくは日本郵政のWebサイトをご覧ください。

国際eパケットライト(日本郵政)についてはこちら
http://www.post.japanpost.jp/int/service/epacketlight.html
プレスリリースはこちら
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2016/00_honsha/0825_02_01.pdf

 
 
 
と、ここまでは、公式サイトでもプレスリリースでも、他のブロガーさんも書いている話。実はこの「国際eパケットライト」、公式もサラッとしか説明していない「真のメリット」が秘められています。
 
 
この「真のメリット」についてが、今回の音声のメインテーマです。
 
 
キーワードは、

・知らないとアカウント閉鎖までありえる、海外の郵便物受取事情
・既存のサービスとは異なる、新形式の追跡番号
・日本郵政が「国際eパケットライト」に込めたコンセプト

の3つです。
 
 
 
現在は試験的サービスという位置づけのためか、利用できる国や地域、申し込める郵便局が限られていますが、それを補って余りある「真のメリット」と、そこから広がる国際郵便の可能性についてお話させて頂きました。

この真のメリットは、現状「EMS」や「国際eパケット」にすら存在しない、「国際eパケットライト」独自のものです。手書き送り状で、SAL便+書留を申し込んでもこのメリットは享受できません。その理由もわかりやすくお話させて頂きました。

15分足らずで聴けますので、ぜひご一聴下さい。

【日々是輸出 Podcast第22回】
国際eパケットに隠された「真のメリット」とは?

この記事が良かったら「いいね」しよう!

世界を相手に楽しくプラス10万円稼ぐビジネス手法を、無料で学んでみませんか?


From 西内悠輔

英語が苦手、営業が苦手、時間なし、貯金なしの派遣社員から、1年で独立を果たした西内が、単身で4000時間以上かけて仮説と検証を繰り返して編み出た「副業でもできる、楽しみながら月10万円を稼ぐ手法」を公開しています。

本業の傍らで、世界中のお客様とやりとりしながら、モノやサービスを提供し、プラスアルファの収入と感謝の声を頂く。そんなライフスタイルに興味はありませんか?

現在も現役セラーとして複数の店舗を運営している中で実際に経験した「売れた実例」に基づく最新手法を手に入れ、世界中の人間に喜んでもらいながら、楽しく稼ぎたい方は、赤いボタンをクリックしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

輸出ビジネス構築コンサルタント。派遣社員として1日10時間以上働きながら、2015年3月本格的にAmazon輸出を開始し、同年5月には月商10000ドルを突破。発送以外の全業務を一人でこなせるまでに効率化した手法や、独自のお客様対応理論、英文作成メソッドなどを自らのクライアントに指導する毎日。現在は、現在も自らショップ運営を続けながら、その中で感じた「輸出ビジネスの面白さ」を伝えるべく活動中。