5分でできるアカウント閉鎖対策!「正規販売店からの警告」への対処法

こんにちは、エスアイエルの西内です。
 
無在庫出品を行う上でどうしても避けられないものの一つに、「正規販売店からの警告」があります。これはなにかというと「この商品はウチの店が独占的に販売してるから売っちゃダメよ!」というやつです。
 
この警告は、お客様からのお問い合わせと同様にメッセージが届きます。やたら長いメッセージで届くので英語に慣れていないうちはすごく面倒くさく感じがちです。
 
ただ、これを放置すると、
 
正規販売店がamazonに違法セラーとして報告
→amazonが該当するセラーのアカウントを閉鎖
 
という2ステップで、あっという間にアカウント閉鎖に追い込まれます。

一度アカウント閉鎖に追い込まれると、アカウント復活のためにやたらと面倒な手続きが必要になるため、これは絶対に避けなければなりません。
 
 
これを回避するために必要な手順はたった2つ 
 
手順1.出品リストから、メールに記載されているブランド名の商品をすべて削除する。
手順2.問い合わせ主に、謝罪文と削除した旨を返信する。
 
たったこれだけです。
  
 
ただ、前述のとおり、正規販売店からの英文は

・本文が長い事が多く何をしたらいいのかがぱっとみわからない
・通常の問い合わせと同様のタイトル(Inquiry from Amazon customer~)で送られてくる

ため、慣れてないと「うわぁ・・」となって、警告文と気付かずに後回しにしてしまい、いきなりアカウント閉鎖される、なんてことになりかねません。
 
 
そのため、今回は、素早くかつ確実に作業してもらうために、手順1については解説動画を、手順2については英文テンプレートをご用意しました。

ぜひお役立てください。

[動画解説]手順1.出品リストから、メールに記載されているブランド名の商品をすべて削除する。

 

 

[英文テンプレート]手順2.問い合わせ主に、謝罪文と削除した旨を返信する。

Dear (相手の名前).

Hello, we are (あなたのショップ名)
Thank you for your contact.
And, we are sorry to post your products to our sell list.

Since not to sell your product,
we have removed the “(警告されたブランドの名前)” product from our stock.

We will take care not to sell your product in the future.

Sincerely yours,

(あなたのショップ名).

 
 
  

おわりに

 

この手の警告メールは、最初は結構「ドキッ」としてしまいます。ただ、やることは毎回かわらないですし、売れる商品を探し続ける限り避けられることはありません。

なので、今回の記事を参考にさくっと済ませてしまって、本来の作業に集中できるようにしていきましょう。

以上、あなたのamazon輸出の参考になれば幸いです。

この記事が良かったら「いいね」しよう!

世界を相手に楽しくプラス10万円稼ぐビジネス手法を、無料で学んでみませんか?


From 西内悠輔

英語が苦手、営業が苦手、時間なし、貯金なしの派遣社員から、1年で独立を果たした西内が、単身で4000時間以上かけて仮説と検証を繰り返して編み出た「副業でもできる、楽しみながら月10万円を稼ぐ手法」を公開しています。

本業の傍らで、世界中のお客様とやりとりしながら、モノやサービスを提供し、プラスアルファの収入と感謝の声を頂く。そんなライフスタイルに興味はありませんか?

現在も現役セラーとして複数の店舗を運営している中で実際に経験した「売れた実例」に基づく最新手法を手に入れ、世界中の人間に喜んでもらいながら、楽しく稼ぎたい方は、赤いボタンをクリックしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

輸出ビジネス構築コンサルタント。派遣社員として1日10時間以上働きながら、2015年3月本格的にAmazon輸出を開始し、同年5月には月商10000ドルを突破。発送以外の全業務を一人でこなせるまでに効率化した手法や、独自のお客様対応理論、英文作成メソッドなどを自らのクライアントに指導する毎日。現在は、現在も自らショップ運営を続けながら、その中で感じた「輸出ビジネスの面白さ」を伝えるべく活動中。