iphone6/6sのテザリングでWindows8パソコンに接続できないときの解決法

エスアイエルの西内です。

今回は、iphone6sのテザリングで、
Windows8パソコンに接続できない場合の解決法についてお話します。
 
結論からいうと、やるべきことはたった2つだけです。
(1)iPhoneの名前を変更する
(2)”Wi-Fi”のパスワードを「半角英数字のみ」に変更する。

 
早速、具体的なやり方をお話していきますね。
 

その1:iPhoneの名前を変更する。

 
ホーム画面の「設定」メニューから、
「一般」>「情報」>「名前」と順にタップ
「設定」メニューから、 「一般」>「情報」>「名前」と進みます。
 
iPhoneの名前を、デフォルトのものから、適当な名前に変更します。
 
img012
 
色々調べて見た結果、どうやら、デフォルトの名前「●●のiphone」とかだとうまく接続できない場合があるみたいなので、ほかの人と被らないような名前にすることをおすすめします。

その2:Wi-Fiのパスワードを「半角英数字のみ」に変更する。

 
僕はここではまっていました。この手のパスワードは、いつも半角英数字+記号で設定してたので、ここのパスワードも同様に設定していたのですが、記号を使わないようにすれば一発で接続できました(笑)
 
ホーム画面の「設定」メニューから、
「インターネット共有」>「”Wi-Fi”のパスワード」をタップ
 
img021
 
「半角英数字のみ」のパスワードに変更すればOKです。
 
img022
 

さいごに

 
僕自身、iphone6sに買い換えてからつい先日までiphoneでのテザリングでPCでネットできなくて困っていたので、同様に悩んでんでいらっしゃるかたは、ぜひ実践してみてくださいね。

この記事が良かったら「いいね」しよう!

世界を相手に楽しくプラス10万円稼ぐビジネス手法を、無料で学んでみませんか?


From 西内悠輔

英語が苦手、営業が苦手、時間なし、貯金なしの派遣社員から、1年で独立を果たした西内が、単身で4000時間以上かけて仮説と検証を繰り返して編み出た「副業でもできる、楽しみながら月10万円を稼ぐ手法」を公開しています。

本業の傍らで、世界中のお客様とやりとりしながら、モノやサービスを提供し、プラスアルファの収入と感謝の声を頂く。そんなライフスタイルに興味はありませんか?

現在も現役セラーとして複数の店舗を運営している中で実際に経験した「売れた実例」に基づく最新手法を手に入れ、世界中の人間に喜んでもらいながら、楽しく稼ぎたい方は、赤いボタンをクリックしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

輸出ビジネス構築コンサルタント。派遣社員として1日10時間以上働きながら、2015年3月本格的にAmazon輸出を開始し、同年5月には月商10000ドルを突破。発送以外の全業務を一人でこなせるまでに効率化した手法や、独自のお客様対応理論、英文作成メソッドなどを自らのクライアントに指導する毎日。現在は、現在も自らショップ運営を続けながら、その中で感じた「輸出ビジネスの面白さ」を伝えるべく活動中。