「私が買った時より値段が下がってるじゃないか!」(Inquiry from Amazon customer)に対する英文メール

こんにちは、ニシウチです。
今日は、都内某所で勉強会に参加してきました。(写真は懇親会の様子です)

月一回程で参加しているのですが、毎回あっという間に時間が過ぎてしまう程楽しくて、でも学びも沢山多くて、早速やってみたくなってその場で実践したりしています。(笑)
この勉強会については、僕のFacebookでお話していますので、よかったら遊びに来てください♪

さて、今日もアメリカのお客さまからこんなメールをいただきました。

Hi guys,
wow did you drop the price since I ordered it 2 weeks ago. Guess I should have waited!!

(おい!2週間前に俺が注文してからあんた値下げしたな! 購入するのを待てば良かったぜ!)

短い文章ですが、お怒りというか、ほんの少し愚痴っぽいメールです。
といっても、気持ちはよくわかるんですけどね。

ということを踏まえて、ニシウチはこんな風にお返事しました。

We feel sad to hear that the item price is dropped you ordered is dropped…

As a result of the investigation of price shift of your item,
It seems that the cost of the item had dropped immediately a week ago.

Since we are constantly selling products based on the cost and market
price that are changeng frequently,
there is a possibility that the selling price will be cheaper than
when you purchased.

この返信文でニシウチが気をつけたポイントは、以下の4点です。

(1)まず最初に、お客さんの気持ちに理解を示す。

(2)価格変動を調査して、結果を簡潔に伝える。お客さんの言うことを鵜呑みにしない。

(3)お客さんに理解を示した上で、
・販売価格はその時の原価や市場価格等を参考にしていること。
・これらの価格は日々変動すること
といった事情を説明する。

(4)そして最後に、買った時よりも値段が下がる可能性もある、ということをお客さんに了承頂く。

今回みたいな苦情のメールについては、(1)が何より大事なです。もし、お客さんの言っていることが見当違いだったり、間違っていたりしていても、最初に否定したり反論したりするのは絶対にやめましょう。
反論が必要な場合は「メールの最後の方に、丁寧な文面で、説明形式にする」ことを心がけてください。

以上、あなたのamazon輸出の参考になれば幸いです。

この記事が良かったら「いいね」しよう!

世界を相手に楽しくプラス10万円稼ぐビジネス手法を、無料で学んでみませんか?


From 西内悠輔

英語が苦手、営業が苦手、時間なし、貯金なしの派遣社員から、1年で独立を果たした西内が、単身で4000時間以上かけて仮説と検証を繰り返して編み出た「副業でもできる、楽しみながら月10万円を稼ぐ手法」を公開しています。

本業の傍らで、世界中のお客様とやりとりしながら、モノやサービスを提供し、プラスアルファの収入と感謝の声を頂く。そんなライフスタイルに興味はありませんか?

現在も現役セラーとして複数の店舗を運営している中で実際に経験した「売れた実例」に基づく最新手法を手に入れ、世界中の人間に喜んでもらいながら、楽しく稼ぎたい方は、赤いボタンをクリックしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

輸出ビジネス構築コンサルタント。派遣社員として1日10時間以上働きながら、2015年3月本格的にAmazon輸出を開始し、同年5月には月商10000ドルを突破。発送以外の全業務を一人でこなせるまでに効率化した手法や、独自のお客様対応理論、英文作成メソッドなどを自らのクライアントに指導する毎日。現在は、現在も自らショップ運営を続けながら、その中で感じた「輸出ビジネスの面白さ」を伝えるべく活動中。