物販ビジネスでは「決めつけ」と「思い込み」は禁物【音声配信第55回】

今回の記事と音声では、あなたのお店の売上を跳ね上げる、「思考の枠を取っ払う」一つの例として「なぜお客様像を勝手に決めてはいけないのか?」その理由についてお話します。売るモノに縛られないお店を作ると、物販ビジネスは楽しく稼げるようになるので、ぜひ最後までお読み下さい!

こんにちは、エスアイエルの西内です。最近は、いろんなお店をつくって(たまに壊して)みたり、理論を学んでは行動に落とし込んだり、落とし込んだ行動をさらにツールやマクロの形で落とし込んだり、自分じゃどうしてもできないことを外注さんにお願いしたり、わりと自由な形で楽しく物販ビジネスに取り組ませてもらっています。

その影で、Podcastの更新スケジュールまで自由な感じになってしまっています・・・(最近投稿する曜日が定まらず本当にスイマセン(汗))

というわけで、ようやくPodcast更新です。今回は「勝手にお客様を決めつけない」ことがいかに大事かについてお話しました。今回お話している事例について先にぶっちゃけておくと「とあるカップ麺をライバル会社が箱買いしてきた」というものです(笑)

こういう事例は、もちろん珍しいケースではありますが、だからといって只のラッキーで済ませてはいけません。この事例をじっくり分析すると、「高くても商品が売れる理由」がゴロゴロ見えてきます。この「理由」が一つでも見えてくれば、「お客様を勝手に決める」ことがいかにもったいないことか分かります!

これをノウハウの形でお届けするのはひっじょーに味気ないので、いつものように包み隠さず、勢い重視でお話しました。3回聴けばあなたのお店に活かすべきヒントが見つかるようになっています。ぜひ繰り返し聞いて下さい!

【Podcast日々是輸出 第55回】
お客様像を勝手に決めつけてはいけない。

 

この記事が良かったら「いいね」しよう!

世界を相手に楽しくプラス10万円稼ぐビジネス手法を、無料で学んでみませんか?


From 西内悠輔

英語が苦手、営業が苦手、時間なし、貯金なしの派遣社員から、1年で独立を果たした西内が、単身で4000時間以上かけて仮説と検証を繰り返して編み出た「副業でもできる、楽しみながら月10万円を稼ぐ手法」を公開しています。

本業の傍らで、世界中のお客様とやりとりしながら、モノやサービスを提供し、プラスアルファの収入と感謝の声を頂く。そんなライフスタイルに興味はありませんか?

現在も現役セラーとして複数の店舗を運営している中で実際に経験した「売れた実例」に基づく最新手法を手に入れ、世界中の人間に喜んでもらいながら、楽しく稼ぎたい方は、赤いボタンをクリックしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

輸出ビジネス構築コンサルタント。派遣社員として1日10時間以上働きながら、2015年3月本格的にAmazon輸出を開始し、同年5月には月商10000ドルを突破。発送以外の全業務を一人でこなせるまでに効率化した手法や、独自のお客様対応理論、英文作成メソッドなどを自らのクライアントに指導する毎日。現在は、現在も自らショップ運営を続けながら、その中で感じた「輸出ビジネスの面白さ」を伝えるべく活動中。