あなたが挫折する真の理由と、挫折しないための「工夫」とは【音声配信第40回】

今日のPodcastは、輸出ビジネスに於いて大切な「工夫」についての話です。

ぼく自身、一度輸出ビジネスで結果が出る前に挫折した経験と、再度チャンレジの末、まずまずの結果を手に入れた経験があります。この2つの経験からわかることは、結局「成功するまで挫折しないための工夫」が大事ということです。

今回音声でお話したのは、僕自身の経験談を元に、この工夫についての具体的な方法をお話させて頂きました。「最初の壁を乗り越えたか」と「お店をどうやって成長させていったか」については、結構赤裸々に語っています(笑)これらの話からぜひ、今のあなたにとっての「成功するまで挫折しないための工夫」を掴んでくれたらとてもうれしいです。

 

早速、以下からお聴き下さい!

【Podcast 日々是輸出 第40回】
輸出ビジネスで結果を出す人がしている工夫とは?

 

ビジネスと「レースゲーム」の共通点。

 

音声をきいていただくと、「アクセル」という言葉が沢山でてくるのに気づいたと思います。音声では「怖さを振り払って迷いなく全力で突き進む」みないイメージでこの言葉を使っています(伝わっているといいんですが・・・)

最近ゲームをめっきりしなくなったのですが、「ビジネスってある意味レースゲームと同じだなー」と思うことが最近とにかく多いです。

 

どんな所が同じかというと。

・最初は、思ったように運転できない。

・早く走ろうとすれば、必ずガードレールにぶつかる。

・ガードレールにぶつかると何かしらのペナルティが生じる
(ゲームならタイムロス、ビジネスならお客様からのクレーム発生など)

・かと言って、ガードレールにぶつかるのを恐れると、全然スピードを出せない。

・何周も同じコースを集会してようやく早く走れるようになる。

・実際にレースをする前に学んだことはあんまり意味をなさない。
(説明書を読んで操作方法を学んでいても、びっくりするくらい最初はうまく走れない)

・・・いま数秒考えただけでも、これくらい共通点がでてきました。

 

「挫折」の本当の理由は、学ぶ理由にある。

 

さっきのレースゲームの例えからわかるように、「ビジネスは、実践して初めて分かることだらけ」だということです。僕の経験に限って言えば、事前に学んだことそのものは最初から役に立たないか、あるいはしばらくすると役に立たなくなるかのどっちがでした(汗)

では、なぜビジネスに取り組む前に学ぶのか? それはずばり、「挫折する可能性を下げる」ために他なりません。

僕自身の昔の経験から断言すると、ビジネスを学びながらも挫折してしまう理由の大半は、「挫折しないこと」以外の理由で学んでいるのが原因です。

 

一般的に、ビジネスを学ぶのは、「ノウハウを知るために学ぶ」「稼ぐために学ぶ」といった理由ですよね。これだと、今言った「挫折しない」という視点が抜け落ちているので、カンタンに落とし穴にハマります。

それくらい「挫折」ってカンタンにできるし、「挫折しないこと」って難しいんです。

 

逆に言えば、これまでいろんなビジネスに取り組む度に挫折してきた人は、やり方のせいではなく、「挫折」を甘く見ているだけの可能性が高いです。

なので、これを機会に一度「ご自身の挫折経験としっかり向き合う」ことをおすすめします!

【Podcast 日々是輸出 第40回】
輸出ビジネスで結果を出す人がしている工夫とは?

 

この記事が良かったら「いいね」しよう!

世界を相手に楽しくプラス10万円稼ぐビジネス手法を、無料で学んでみませんか?


From 西内悠輔

英語が苦手、営業が苦手、時間なし、貯金なしの派遣社員から、1年で独立を果たした西内が、単身で4000時間以上かけて仮説と検証を繰り返して編み出た「副業でもできる、楽しみながら月10万円を稼ぐ手法」を公開しています。

本業の傍らで、世界中のお客様とやりとりしながら、モノやサービスを提供し、プラスアルファの収入と感謝の声を頂く。そんなライフスタイルに興味はありませんか?

現在も現役セラーとして複数の店舗を運営している中で実際に経験した「売れた実例」に基づく最新手法を手に入れ、世界中の人間に喜んでもらいながら、楽しく稼ぎたい方は、赤いボタンをクリックしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

輸出ビジネス構築コンサルタント。派遣社員として1日10時間以上働きながら、2015年3月本格的にAmazon輸出を開始し、同年5月には月商10000ドルを突破。発送以外の全業務を一人でこなせるまでに効率化した手法や、独自のお客様対応理論、英文作成メソッドなどを自らのクライアントに指導する毎日。現在は、現在も自らショップ運営を続けながら、その中で感じた「輸出ビジネスの面白さ」を伝えるべく活動中。