「クリスマスまでに商品を送ってほしい!」(Ship faster inquiry)というお客さまへの英文メール

玉子チャーハン

こんばんは!ニシウチです。
ただいまお気に入りの中華料理屋さんでこの記事を書いています。

このお店、一見「ご飯おかわり自由」が売りの中華料理屋さんですが、実は、テーブル席全てにコンセントつき・Wi-Fi完備・11時~29時まで営業という、コワーキングスペースみたいなお店です。お昼どき以外は空いているので、いつもお世話になっています(笑)
おすすめは玉子チャーハンです(お店の詳細はFacebookをご覧ください)

さて、今日はアメリカのお客さまからこんなお問合せメールがきました。

Please ship the DVD asap. I just wanna make sure the DVD will arrive here before Christmas cause this will be the christmas present for my family member.
Thank you very much.
(できるだけ早くDVDを送ってちょうだい!クリスマス前に手元に届くようにしてほしいの!家族へのクリスマスプレゼントにするから!)

クリスマスまで後1ヶ月、この時期のアマゾン輸出ならではのお問合せですね。
そんなお問合せに、私はこんなふうにお返事出しました。

Thank you for your order and inquiry,

As a investigation of your order, you selected “Standard Shipping”,
so we will ship your item in tomorrow with SAL method.

Since SAL method takes about 2-3 weeks until your item arrives,
We think that your item will be arrived about Dec 5 – Dec 12.

However, depending on the weather situation and availability of
transport aircraft,
there is a possibility that takes about 3-4 weeks.

We wonder if you could acknowledge the above,
and please be assured that your order will be delivered before Christmas.

今回の対応で僕が意識したのは、

(1)まずはご注文とお問合せに対して感謝すること。
(2)注文内容を調べて、通常配送を選択していることをきちんと伝えること。
(3)通常配送にかかる一般的な日数から、到着予定日を日付で伝えること。
(4)場合によっては更に遅れる可能性もあることもちゃんと伝えること。
(5)上記について了解頂き、その上で、「クリスマスまでには到着するから安心してね!」と伝える。

質問を一回きちんと受け止めて、ポジティブな事実を述べ、ネガティブな事実もちゃんと伝えて、それでも「大丈夫だよ!」と最後に安心してもらう
という流れで話すことを意識しました。

これに対して今のところ返信はありませんが、もし返事がきたら追記する予定です。

あなたのアマゾン輸出の参考になれば幸いです。

この記事が良かったら「いいね」しよう!

世界を相手に楽しくプラス10万円稼ぐビジネス手法を、無料で学んでみませんか?


From 西内悠輔

英語が苦手、営業が苦手、時間なし、貯金なしの派遣社員から、1年で独立を果たした西内が、単身で4000時間以上かけて仮説と検証を繰り返して編み出た「副業でもできる、楽しみながら月10万円を稼ぐ手法」を公開しています。

本業の傍らで、世界中のお客様とやりとりしながら、モノやサービスを提供し、プラスアルファの収入と感謝の声を頂く。そんなライフスタイルに興味はありませんか?

現在も現役セラーとして複数の店舗を運営している中で実際に経験した「売れた実例」に基づく最新手法を手に入れ、世界中の人間に喜んでもらいながら、楽しく稼ぎたい方は、赤いボタンをクリックしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

輸出ビジネス構築コンサルタント。派遣社員として1日10時間以上働きながら、2015年3月本格的にAmazon輸出を開始し、同年5月には月商10000ドルを突破。発送以外の全業務を一人でこなせるまでに効率化した手法や、独自のお客様対応理論、英文作成メソッドなどを自らのクライアントに指導する毎日。現在は、現在も自らショップ運営を続けながら、その中で感じた「輸出ビジネスの面白さ」を伝えるべく活動中。